最近の小学生のテストの傾向と内容について

最近の小学生のテストの傾向と内容について 小学生のテストは、いわゆる受験勉強のテストとは対照的です。
大学受験や高校受験のものは、いわゆる落とすためのテストとなります。
難読漢字や難しい数学の問題が頻繁に出題されます。
事前にそれ専用の勉強をしていなければ、まず突破する事は出来ません。
そのために予備校や赤本は存在していると言っても過言ではないです。
翻って小学生のテストはあくまで習熟のレベルを確認する物です。
内容も比較的簡単になります。
教科書に掲載されている用語や数式、フレーズなどがそのままダイレクトに出題されます。
そのため真面目に授業に参加している生徒であれば、特に対策をしなくても満点の結果が得られるでしょう。
実際に大勢の小学生は受験生とは対照的に長時間の勉強はしていません。
ただし最近は基礎的な習熟度を調べる以外に、生徒個人の創作性や応用力をチェックするテストも増えて来ました。
低学年の頃はあまり出題されませんが高学年になりますと、指定された語句を用いて文章を創作したり、社会や理科の用語の具体的な意味を記述式で解答しなければいけません。
普通に授業を聞くだけでも単語等は自然と頭に入りますが、真の理解力を養うためには別途、生徒個人の積極的な意欲が要ります。

小学生が自分から積極的にテスト勉強をするには

小学生が自分から積極的にテスト勉強をするには 小学生にテスト勉強をさせるのは簡単なことではありません。
机に向かうのを嫌う子供もいます。
強制をするのを避けて、子供の意欲を引き出すようにしましょう。
そのために大切なことはほめることです。
教科書を開いて読んだり、学校の宿題を自分から始めたらできるだけほめるようにしましょう。
親に褒められたら子供は嬉しくなって、勉強に対する意欲が出てきます。
これが第一のステップになります。
次のステップは時間です。
長い間机に向かうのは苦痛です。
最初のうちは15分から30分程度が適当です。
その間集中できたら良しとします。
3つ目のステップはテストの準備です。
テストの直前にたくさん勉強するのは、大変です。
準備が間に合わないこともあります。
準備には可能な限り時間をかけましょう。
1ヶ月程度理想です。
それぐらいの余裕があれば、毎日の学習の時間は短くすることが可能になります。
短い時間に集中して学習するようにします。
この時に大切なことは、分からない個所を繰り返し学ぶことです。
一度説明してわからなくても怒ってはいけません。
分かるまで何回でも教えるようにします。
もし理解できるようになったら、ほめるようにします。
ほめられることで学習に対する意欲が高まります。

小学生のテストに関する情報リンク

小学生 テスト